UVI FALCON 音色 エディット
雑メモ 01 (覚書)

UVI FALCON の音色作成 をしていて感じた事 や メモ など、

UVI FALCONを使い始めて最初に思った事は、

「他のシンセサイザーと画面の表示が何か違う、、訳が分からない・・・」

でした、どうも音の流れが分かりにくいと言うか、信号のフローが掴み
にくい感じです、
まぁ大枠の構造は変化しないので、思考的に慣れれば何とかなりますが、、

私は音を作るためのモジュール(ブロック) が 階層構造になっているソフト・
シンセサイザーは初めて触ったと思います、

UVI FALCON は パッと見た感じでメインと思われる部分は、
Edit ・ Effects ・ Events・MODS の タブ で
帯状のそれぞれのモジュール・ブロックのエリアが上から下へと
リスト状に重なって表示されています、

が、グラフィック・ユーザー・インターフェース(GUI)的にそれらの
上から下への帯状の各ブロックの境目がパッと見判別しにくい感じが
します、
操作していて「えーと、どこまでがどのモジュールかな?」のように
なって、そこで意識が音作りからちっと離れてしまう感じと言うか、、

そして 各エフェクト や モジュレーション信号 の パッチ接続などが、
これまた分かりにくいので、輪をかけてより直感的ではない
方向に行ってしまう、、

そこで助けになったのが Tree ビュー でした、Tree ビューを使いながら操作
すると何とかなります、
Edit ビュー・ Effects ビュー ・Eventsビュー ・Modulators(MODS)ビュー
などと Tree ビュー  を併用して音作りをするのがこのFALCONの使い方
のように思いました、こういうパッチの組み方は私は初めてだったので
慣れるのに時間が掛かるようです。

マニュアルには

“FALCON は 直感操作 と 深層 までエディットに集中
できるよう、各コンポーネントの階層化がなされた設計と構造に仕上げ
ています。”

と書かれています、私はまだエディットに集中できるぐらいには慣れて
いませんが、、、玄人の方々なら気にならないかもしれませんが、
私的にはもう少し、モジュールの境界を分かりやすくするなど GUIを
更新して貰えればありがたいと思いました。

 

※これらは初心者の個人的な捉え方や意見ですので、勘違いや間違った
認識も含まれている場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*